不動産において底地というのがありますが

底地という不動産は要するに借地権がついている土地などのことをいいます。
これはどういうことであるのかといいますとそのまま使うことができない、ということになります。
つまりは既に使っている人がいますし、それは権利としてあるわけです。
もちろん、地代がありますから無駄になっているわけではないのですが、それでもそんなに利益率が高い運用法ではない、ということは間違いないでしょうから、もっとよい運用法があるのであればそちらに、となることはそんなに珍しいことではないです。
しかし、底地は本当に売買しようとすると嫌われることがあるものであり、それは何故かといいますと借地権を取り戻すにお金を支払うことになりますから、面倒になるからです。
これは本当に仕方ないことではあるのですが、それでもよい土地であれば問題なく売買できることもありますから、そのあたりは本当に難しいことではあるでしょう。
しかし、底地はそこそこよい立地であれば解消したほうがよいでしょう。

建て売りと売ってから建てる違い

売建住宅は、デベロッパーが宅地を分譲し、建築請負契約を結び、建てる一戸建てですが、似た内容に建売住宅も展開されていますが、土地売買後に建物を建てる違いがあります。
建売住宅は、デベロッパーではなく、不動産会社が関与しており、土地と建物を一体として販売します。
構造や設計も不動産会社でプランニングするのが特徴で、マイホーム計画として挙げられる注文住宅のように、基礎や工法、間取り、もちろん、設備や材料も希望のものを採用してもらうなど、自由に作り上げることが難しいのも住宅の特徴です。
完成した住宅を見ることができないため、設計図頼りになりやすく、その反面、完成イメージしやすく、規格化された建材や標準設備の採用で、低コストが謳われるのが建売住宅の魅力です。
反対に、売建住宅は自由設計プランが魅力で、でき合いや安上がりのイメージが根強かった従来型も、多彩なブランド・シリーズによって、高級化の傾向も高まっています。